定款の作り方をわかりやすく解説!【サンプル定款付き】

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

「定款」という言葉を聞いて、どんなイメージを持ちますか?「難しそう」「よくわからない」「作るのが大変そう」そう思った方も多いのではないでしょうか?

実は定款は、会社設立において 最も重要な書類の一つ です。会社の「憲法」とも呼ばれ、会社の目的、組織、運営方法などを定めるもので、設立後も重要な役割を果たします。しかし、定款の作り方は、法律や専門用語が複雑で、初めての方には難しく感じるかもしれません。

そこでこの記事では、定款の作成方法をわかりやすく解説 するとともに、定款作成でよく起こる疑問 にも答えます。さらに、定款のサンプル作成に役立つツールもご紹介しますので、ぜひ参考にして、あなた自身の会社設立の準備を進めてください!

定款とは?会社設立に必要な「憲法」

定款とは、会社設立時に作成する会社の基本ルールを定めた書類 です。会社の「憲法」とも呼ばれ、会社設立の登記申請を行う際に、必ず必要となる書類の一つです。

定款の役割

定款は、会社の目的、組織、運営方法などを定めるもので、会社設立後も重要な役割 を担います。

  • 会社の目的を明確にする: 会社がどのような事業を行うかを明確に示します。
  • 会社の組織構造を規定: 会社の意思決定機関、執行機関などの組織構造を定めます。
  • 会社の運営方法を定める: 株主総会や取締役会の開催方法、議決権の行使方法などを定めます。
  • 会社に対する第三者への説明責任: 会社の目的や組織構造を第三者に明らかにすることで、会社に対する信頼性を高めます。

定款に記載する主な事項

定款には、以下の事項が記載されます。

  1. 会社名: 会社の名称(例:株式会社〇〇)
  2. 本店所在地: 会社の所在地(例:東京都〇〇区〇〇)
  3. 目的: 会社の事業内容(例:ソフトウェアの開発・販売)
  4. 資本金: 会社の資本金の額(例:1,000万円)
  5. 発起人: 会社を設立する人の氏名や住所
  6. 設立年月日: 会社設立の日付
  7. 役員: 取締役や監査役などの役員の氏名や住所
  8. 株式: 株式の種類、数、金額など
  9. 議決権: 株主の議決権など
  10. 会計年度: 会社の会計期間(例:毎年4月1日から翌年3月31日)
  11. 剰余金の配当: 剰余金の配当方法など

定款は会社設立後でも変更は可能です。

  • 定款は、会社設立後に変更することができます。
  • 定款を変更する場合も、法務局に定款の変更を認証してもらう必要があります。

定款を作成しないとどうなるのか?

定款を作成しないと、会社設立の登記申請ができません。そのため、会社を設立することはできません。

定款の作り方をステップで解説

定款の作成は、法律の専門知識が必要になります。自分で作成する際は、十分に注意して作成しましょう。

定款作成のステップ

  1. 会社設立の目的を明確にする
  2. 定款の様式を選ぶ
  3. 定款の記載事項を決定する
  4. 定款の内容を検討する
  5. 定款を作成する
  6. 定款を認証してもらう

ステップ1:会社設立の目的を明確にする

定款を作成する前に、まずは会社の設立目的を明確にしましょう。会社設立の目的は、定款の「目的」欄に記載されます。

  • 会社の目的は、できるだけ具体的に記載しましょう。
  • 会社の目的が明確になっていないと、会社の事業活動が制限される可能性があります。

例:

  • ソフトウェアの開発・販売
  • 飲食店の経営
  • コンサルティング業務
  • Webサイト制作・運営

ステップ2:定款の様式を選ぶ

定款の様式は、**法務省のホームページ**や、会社設立支援サービスのホームページからダウンロードすることができます。

定款の様式は、以下の2種類があります。

  • 株式会社の場合: 株式会社定款様式
  • 合同会社の場合: 合同会社定款様式

法務省のホームページ: https://www.moj.go.jp/

ステップ3:定款の記載事項を決定する

定款の様式を選んだら、定款に記載する事項を決定します。定款の記載事項は、会社設立の目的、組織構造、運営方法などを定めるもので、会社によって異なる場合があります。

具体的な検討事項

  • 会社設立の目的: 会社がどのような事業を行うのかを具体的に記述する。
  • 会社の組織構造: 会社の意思決定機関(例:株主総会)、執行機関(例:取締役会)などの構造を定める。
  • 会社の運営方法: 株主総会や取締役会の開催方法、議決権の行使方法などを定める。

ステップ4:定款の内容を検討する

定款の内容は、会社の設立後の運営に大きく影響 を与えるため、慎重に検討する必要があります。特に、以下のような点は注意が必要です。

検討すべきポイント

  • 会社の目的: 会社の事業活動を制限しない範囲で、できるだけ具体的に記載しましょう。
  • 組織構造: 会社の規模や事業内容に適した組織構造を選びましょう。
  • 会社の運営方法: 会社の運営を円滑に行うために、明確なルールを定めましょう。

ステップ5:定款を作成する

定款の内容を検討したら、定款を作成します。定款は、WordやExcelなどのソフトを使って作成 することができます。

定款を作成する際に、以下の点に注意する必要があります。

  • 誤字脱字がないか確認する: 誤字脱字があると、会社設立の登記申請が受け付けられない場合があります。
  • 法令に違反していないか確認する: 法令に違反していると、会社設立の登記申請が受け付けられない場合があります。

ステップ6:定款を認証してもらう

定款を作成したら、法務局に定款を認証してもらいましょう。

定款の認証には、以下のものが必要になります。

  • 定款の原本: 署名・押印済みの定款
  • 代表者印鑑証明書: 会社の代表者の印鑑登録証明書
  • 手数料: 4,000円

定款を法務局に提出すると、法務局は定款の内容が法令に違反していないかを審査し、問題なければ認証印を押印します。

定款作成を効率化するツール

定款の作成には、専門用語や法律に関する知識が必要で、自分で作成するのは難しいと感じる方もいるかもしれません。

そこで、定款作成を効率化するために、定款作成ツール を活用する方法があります。

定款作成ツールは、オンラインで利用できるサービスで、定款の様式を自動で生成 してくれます。

定款作成ツールのメリット

  • 専門用語を理解していなくても、簡単に定款を作成できる
  • 法令に違反する定款を作成してしまうリスクを軽減できる
  • 時間と手間を大幅に削減できる

定款作成ツールを選ぶポイント

ツールを選ぶポイントは以下の3つです。

  • 無料か有料か: 無料で利用できるツールもありますが、有料のツールの方が機能が充実している場合があります。
  • 対応する会社形態: 株式会社や合同会社など、対応する会社形態を確認しましょう。
  • 機能: 定款作成以外にも、会社設立に必要な書類作成機能や、登記申請のサポート機能などが提供されている場合もあります。

会社設立ソフトを使えば知識がなくても簡単に作成できる!

マネーフォワードは会計ソフトの提供会社ですが、会社設立をWeb上でステップ通りに進めれば、会社登記時に必要な提出書類を0円で作成できるサービスを出しています。上記の作業をかなり簡略化できるためおすすめです。

株式会社タチアゲ代表 青木
株式会社タチアゲ代表 青木

ステップ通りに進めていけば、ヌケモレのない登記書類が作成できます。

定款作成でよくある疑問を解決!

定款を作成する際に、よく質問される内容について解説します。

Q1. 定款は自分で作成できますか?

定款は、法律の専門知識が必要となるため、自分で作成するのは難しい です。誤字脱字や法令違反があると、会社設立の登記申請が受け付けられない場合があるため、専門家に依頼することをおすすめします。

Q2. 定款作成はどのくらい費用がかかりますか?

定款作成の費用は、専門家に依頼する場合、数万円から数十万円 かかります。依頼する専門家や定款の内容によって費用は異なります。

Q3. 定款のサンプルはありますか?

定款のサンプルは、法務省のホームページや、会社設立支援サービスのホームページから入手することができます。サンプルを参考にしながら、定款を作成してみましょう。

定款のサンプル

下記は定款のサンプルのフォーマットです。

株式会社の定款サンプル

      株式会社〇〇定款

第1条(会社名)
この会社は、株式会社〇〇と称する。

第2条(本店所在地)
本店の所在地は、東京都〇〇区〇〇とする。

第3条(目的)
この会社の目的は、次のとおりとする。
(1)ソフトウェアの開発・販売
(2)インターネット関連サービスの提供

第4条(資本金)
この会社の資本金は、一億円とする。

第5条(発起人)
この会社の発起人は、次のとおりとする。
(1)〇〇 〇〇
  住所:東京都〇〇区〇〇

第6条(設立年月日)
この会社の設立年月日は、令和五年一月一日とする。

第7条(役員)
この会社の役員は、次のとおりとする。
(1)取締役
   氏名:〇〇 〇〇
   住所:東京都〇〇区〇〇
(2)監査役
   氏名:〇〇 〇〇
   住所:東京都〇〇区〇〇

第8条(株式)
この会社の株式は、次のとおりとする。
(1)種類:普通株式
(2)総数:一〇〇〇〇株
(3)金額:一株一万円

第9条(議決権)
この会社の議決権は、次のとおりとする。
(1)株主は、所有する株式の数に応じて議決権を持つ。

第10条(会計年度)
この会社の会計年度は、毎年四月一日から翌年三月三十一日までとする。

第11条(剰余金の配当)
この会社の剰余金の配当は、次のとおりとする。
(1)剰余金は、まず会社の積立金に充当する。
(2)積立金に充当した後の剰余金は、株主への配当に充当する。

附則
この定款は、令和五年一月一日から施行する。
    

合同会社の定款サンプル

      合同会社〇〇定款

第1条(会社名)
この会社は、合同会社〇〇と称する。

第2条(本店所在地)
本店の所在地は、東京都〇〇区〇〇とする。

第3条(目的)
この会社の目的は、次のとおりとする。
(1)インターネット関連サービスの提供
(2)コンサルティング業務

第4条(社員)
この会社の社員は、次のとおりとする。
(1)〇〇 〇〇
  住所:東京都〇〇区〇〇

第5条(設立年月日)
この会社の設立年月日は、令和五年一月一日とする。

第6条(業務執行社員)
この会社の業務執行社員は、次のとおりとする。
(1)〇〇 〇〇
   住所:東京都〇〇区〇〇

第7条(会計年度)
この会社の会計年度は、毎年四月一日から翌年三月三十一日までとする。

附則
この定款は、令和五年一月一日から施行する。
    

まとめ:定款の作成は会社設立の基礎!

この記事では、会社設立で必要な定款について、作成方法や注意点、サンプル定款、作成に役立つツールを紹介しました。

定款は、会社の「憲法」とも呼ばれ、会社設立後も重要な役割を担います。
この記事を参考にして、会社設立の準備を進めていきましょう!

定款の作成は、会社設立において最も重要なステップの一つです。自信がない場合は、専門家に相談することをおすすめします。タチアゲでは、会社設立に関する無料相談を行っていますので、お気軽にご相談ください。

タチアゲはこんなお悩みを解決します!

  • 会社設立の仕方がわからない
  • 定款の作成が難しい
  • 必要な手続きがわからない
  • 資金調達の方法がわからない

タチアゲは、会社設立から事業運営まで、様々なサポートを提供しています。

起業に関する疑問を解消し、安心して起業をスタートさせましょう!

タチアゲはこちら