GMOオフィスサポートの評判は?利用者の口コミからメリット・デメリットを徹底解説!【実体験】

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

起業やフリーランスとして活動し始めたものの、名刺やウェブサイトに自宅の住所を載せることに抵抗はありませんか?

「でも、オフィスを借りる余裕なんてない…」

そんな悩みを抱えているあなたへ。実は、月額たった660円から、渋谷や銀座といった都内一等地の住所をビジネスで利用できる方法があるんです!その方法とは、GMOインターネットグループが提供する「GMOオフィスサポート」というバーチャルオフィスサービスを利用すること。低価格で都心の一等地の住所を利用できるため、起業家やフリーランスから注目を集めています。

「GMOオフィスサポートって実際どうなの?」「安かろう悪かろうじゃないの…?」そんな不安を持つ方もいるかもしれません。そこで本記事では、GMOオフィスサポートの評判を徹底調査し、利用者の口コミや料金プラン、メリット・デメリットをわかりやすく解説します!

この記事を読めば、GMOオフィスサポートがあなたのビジネスにとって最適な選択肢かどうかが判断できます。

  • 起業初期費用を抑えたい
  • ビジネスの信用度を高めたい
  • でも面倒な手続きは避けたい…

筆者が経営する法人でも、3年ほどGMOオフィスサポートを利用しています。その中で感じた原体験を踏まえて本記事で解説します。GMOオフィスサポートの実態を、一緒に見ていきましょう!

実際に3年以上バーチャルオフィスを法人登記に利用している筆者が、おすすめするバーチャルオフィスは以下の3社です。

【第1位】【第2位】【第3位】

GMOオフィスサポート

DMM バーチャルオフィス

バーチャルオフィス1
評価
場所渋谷/銀座/青山/名古屋/大阪/京都/福岡など渋谷/銀座/大阪/横浜/名古屋/福岡など渋谷/広島
初期費用無料入会金:5,500円
保証金:5,000円
入会金:5,500円
月額費用・転送なしプラン:660円/月
・月1転送プラン:1,650円/月
・隔週転送プラン:2,200円/月
・週1転送プラン:2,750円/月
・渋谷:660円/月〜
・銀座:1,650円/月〜
・名古屋:660円/月〜
・梅田:660円/月〜
・福岡天神店:660円/月〜
880円/月〜
特徴・業界トップクラスの低価格な料金
・あおぞらネット銀行との連携で法人口座スムーズに開設できる
・スマホで簡単に郵便物の受け取り状況を確認可能
・住所貸し出しプランがリーズナブル
・スマホで簡単に郵便物の受け取り状況を確認可能
・ネットショップを営む事業者におすすめ
・月4回の郵便物の転送プランがある。
・月額880円からのシンプルな料金プラン。
・スマホで郵便物の受け取り状況を簡単に確認できるLINE通知機能。
公式サイト公式HP公式HP公式HP

GMOオフィスサポートとは?

GMOオフィスサポートは、GMOインターネットグループが運営するバーチャルオフィスサービスです。2018年にサービスを開始し、低価格ながらも充実したサービスで人気を集めています。

主なサービス内容

  • 住所利用: 都内一等地の住所を法人登記や事業所として利用可能
  • 郵便受取・転送: 郵便物の受取・転送サービス
  • 電話・FAX: 専用番号の取得、転送サービス
  • 会議室利用: 会議室を割引価格で利用可能
青木
青木

郵便物はオフィスの窓口で直接受け取ることも可能なので、直接取りに行くときもあります。

GMOオフィスサポートの料金プラン

GMOオフィスサポートの料金プランは、シンプルでわかりやすいのが特徴です。

プラン名月額料金法人登記郵便転送
転送なしプラン660円不可なし
月1転送プラン1,650円月1回
隔週転送プラン2,200円隔週
週1転送プラン2,750円週1回
青木
青木

私の会社では渋谷オフィスの住所で月1転送プランでを借りています。初期費用・保証金は無料なので、気軽に利用開始できます。

特徴とメリット

  1. 都内5箇所の好立地で法人登記が可能
  2. 住所利用のみであれば月額660円で利用可能
  3. ビジネスを支援するためのサービスが充実
  4. 大手上場企業のGMOグループが運営

GMOオフィスサポートの3つの特徴

GMOオフィスサポートは、数あるバーチャルオフィスの中でも 特にコストパフォーマンスに優れている点が特に魅力な点です。主な特徴は以下の3点です。

業界最安値水準の料金プラン

初期費用無料、住所利用のみのプランなら月額660円から利用できる圧倒的な低価格設定が最大の魅力です。法人登記可能な郵便物月1転送プランを含めても月額1,650円 からと非常にコストパフォーマンスに優れた価格設定です。起業初期費用を抑えたい方や、ランニングコストを削減したいフリーランスにとって、大きなメリットです。

青木
青木

下記が筆者の法人で、今年GMOオフィスサポートに支払った領収書です。

通常法人利用でシェアオフィスを借りた場合は最低でも月額4,5万はかかります。GMOオフィスサポートを利用すればシェアオフィスの1ヶ月の費用で年間の利用料を確保できるのが最大のメリットです

ビジネスの信用度UP!都内一等地の住所が利用可能!

東京(渋谷・新宿・銀座・青山・秋葉原)、横浜、名古屋、大阪、京都、神戸、福岡など、 ビジネスの中心地にある都内一等地の住所を法人登記や事業所としてレンタルできます

青木
青木

名刺やWebサイトに記載することで、ビジネスの信用度を高め、顧客や取引先からの信頼獲得に繋がります。

充実したオプションサービス

法人登記、郵便物転送、電話代行、FAX、専用郵便受けなど、 ビジネスに必要なサービスをオプションで追加 できます。

青木
青木

GMOグループにはあおぞらネット銀行という、起業家に優しいネットバンクを運営しています。グループ会社間の連携が強化されているため、あおぞらネット銀行の法人口座開設を紹介開設実績も多数あります。あおぞらネット銀行については下記記事でも解説しています。

GMOあおぞらネット銀行で法人口座開設をして分かったメリット・デメリットをご紹介【実体験】

GMOオフィスサポート利用者の評判・口コミ

実際にGMOオフィスサポートを利用している方のXでの口コミをいくつか紹介します。

良い口コミ

  • GMOオフィスサポートが費用も手頃で、便利機能満載だった【X(Twitter)
  • 格安のバーチャルオフィスに申し込んだらぜんぜん返事が返ってこないので、GMOオフィスサポートに申し込んだら一日で本人確認&審査終わった! これで開業届出せるぜ!【X(Twitter)

悪い口コミ

  • 今までGMOオフィスサポートの月一転送プランを使ってたけど、結局毎週転送の方に切り替えた。 二年間使ってて自動転送されたのって一回しかなかったんじゃないかな?【X(Twitter)

GMOオフィスサポートの良い評判・口コミ

GMOオフィスサポートの 利用者の口コミ を見てみると、

  • 「料金が安いので、他のバーチャルオフィスと比べて、コストを抑えることができました。」
  • 「オンラインで簡単に申し込みができたので、手間がかかりませんでした。」
  • 「GMOというネームバリューがあり、住所も一等地なので、取引先にも良い印象を与えられています。」

といった 好意的な意見 が多く見られました。

実際に利用している方の口コミをいくつかご紹介します。

「GMOオフィスサポートは、料金が安いのが魅力で契約しました。住所利用と郵便物転送サービスを利用していますが、特に問題なく使えています。コストを抑えたい起業家やフリーランスにはおすすめです。」(30代男性・Webデザイナー)

「GMOオフィスサポートは、Webサイトで簡単に申し込みができて、手続きもスムーズでした。必要な書類も少なく、すぐに利用開始できたのが良かったです。サポートセンターの対応も丁寧で、安心して利用できています。」(40代女性・コンサルタント)

「GMOオフィスサポートは、他のバーチャルオフィスと比べて、Webサイトが見やすく、操作しやすいと感じました。郵便物の到着通知もメールで届くので、便利です。料金も安いので、今後も利用を続けたいと思います。」(20代男性・プログラマー)

 青木
青木

私の会社でGMOオフィスサポートを利用している中で感じるメリットは、やはりコスト面が圧倒的に安い点ですね!自宅を作業場として活動されているフリーランスの方や、一人法人の経営者の方には特におすすめですね。逆に商談やサービスが対面で完結されるお仕事をされている方はシェアオフィスやコワーキングスペースがおすすめです。

東京都のシェアオフィス・コワーキングスペースランキング7選【2024】

GMOオフィスサポートの悪い評判・口コミ

一方で、

  • 「郵便物の転送に時間がかかる」
  • 「電話代行サービスの対応がイマイチ」

といった 否定的な意見 も一部見られました。

「GMOオフィスサポートは、郵便物の転送に時間がかかるのが難点です。急ぎの郵便物だと、少し不安になります。転送頻度を増やすオプションもありますが、追加料金がかかるのがネックです。」(20代女性・ECサイト運営)

「GMOオフィスサポートの電話代行サービスを利用しましたが、対応が事務的で、少し冷たく感じました。もう少し、親身になって対応してもらえると嬉しいです。」(40代男性・経営コンサルタント)

 青木
青木

私の会社でGMOオフィスサポートを利用している中で感じるデメリットは、法人カード発行時など代表者が直接受け取らないと行けない郵送物に関しては、都度郵送費用がかかってしまう点です。毎月のランニングコストは格安で大変有り難いのですが、毎月数件郵送物が発生すると結果3,000円くらいかかる月も多いです。それでもめちゃくちゃ安いのですが。

GMOオフィスサポートのメリット・デメリットを比較

GMOオフィスサポートの メリット・デメリットを客観的に分析すると、以下のようになります。

メリット

  • 圧倒的なコストパフォーマンス: 他のバーチャルオフィスと比較しても、料金プランが圧倒的に安いです。
  • 主要都市の一等地の住所: 信用度の高い住所を格安で利用できます。
  • オンラインで完結する手続き: 申し込みから契約まで、すべてWebサイトで完結するため、手間がかかりません。
  • 24時間365日利用可能なWebサイト: いつでもどこでも、郵便物の確認や各種手続きができます。

デメリット

  • 郵便物の転送に時間がかかる: 基本プランでは、郵便物の転送頻度が限られているため、急ぎの郵便物には不向きです。
  • 電話代行サービスの対応: 対応にばらつきがあり、改善の余地があるという意見も見られます。
  • 知名度: 大手企業が運営しているものの、老舗のバーチャルオフィスと比べると知名度は劣ります。

GMOオフィスサポートは起業したばかりの方におすすめ!

GMOオフィスサポートは、 低価格で高品質なサービスを提供 するバーチャルオフィスです。コストを抑えたい起業家やフリーランスの方にとって、 魅力的な選択肢になります!具体的には以下のような方におすすめです。

  • 起業したばかりで、コストを抑えたい方
  • 都心の一等地の住所を名刺やWebサイトに掲載したい方
  • 郵便物の量が多くない方
  • Webサイトで簡単に手続きを済ませたい方
 青木
青木

一人会社の方やWEBで完結するお仕事、例えばライターさんやWebデザイナーさんやエンジニアの方は特におすすめです!

GMOオフィスサポートに関するよくある質問

GMOオフィスサポートってどんなサービス?
GMOオフィスサポートは、GMOインターネットグループが提供するバーチャルオフィスサービスです。実際のオフィスを借りずに、住所利用、郵便受取・転送、電話・FAXサービスなどが利用できます。にテキストが入ります。
料金はどのくらい?
プランによって異なりますが、月額660円から利用できます。初期費用や保証金は無料です。最も安い「転送なしプラン」は月額660円で住所利用のみが可能ですが、法人登記や郵便転送はできません。法人登記や郵便転送が必要な場合は、月額1,650円の「月1転送プラン」から選ぶことになります。
どんな人におすすめ?
起業したてでコストを抑えたい方、フリーランスの方、都内一等地の住所が欲しい方、郵便物の量が少ない方におすすめです。電話対応サービスがない、拠点数が少ないといったデメリットもあるため、事前にサービス内容をよく確認しましょう。
最低契約期間は何ヶ月?
12ヶ月間です。

まとめ

本記事で、筆者も利用しているおすすめのバーチャルオフィスサービス「GMOオフィスサポート」について解説しました!

GMOオフィスサポートは、GMOインターネットグループが提供する、初期費用無料・月額660円から利用可能なバーチャルオフィスです。渋谷・銀座・青山など都内一等地の住所を使えるため、起業したてやフリーランスの方でも、ビジネスの信用度を高められます。オンラインで簡単に申し込み&手続きができるのも魅力です。

またコストを抑えたい、都心の一等地の住所が欲しい、郵便物の量が少ない、といった方には特におすすめです。

ただし、郵便物の転送頻度が少ないプランだと受け取りに時間がかかる場合や、郵送物の内容によっては郵送物の転送費用が多くかかる可能性がある点に注意が必要です。

GMOオフィスサポートの公式サイトで詳細をチェックし、自分に合ったサービスかどうかを判断しましょう!

特徴とメリット

  1. 都内5箇所の好立地で法人登記が可能
  2. 住所利用のみであれば月額660円で利用可能
  3. ビジネスを支援するためのサービスが充実
  4. 大手上場企業のGMOグループが運営