【開業するには?】開業におすすめの業種12選!開業に必要な手続きと役立つアイテムまで詳しく解説

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

開業を考えている方にとって、どのような手続きを踏むべきか、どのような準備が必要かは非常に重要なポイントです。本記事では、日本国内で開業を目指す方々に向けて、開業までの具体的な流れを詳しく解説します。初めての開業でも安心して進められるよう、必要なステップを一つ一つ丁寧に説明します。これから開業を考えている方や、既に計画を進めている方にも役立つ情報を提供しますので、ぜひ参考にしてください。

開業とは

開業とは、個人や法人が新たな商売や事業を正式に始めることを指します。具体的には、税務署に開業届を提出することで、公的に事業を開始したと認められます。この手続きにより、事業者としての責任や義務が発生し、税務上の扱いが明確になります。

「開業」と似た言葉に「起業」がありますが、これらは微妙に異なります。起業は、将来的に事業を始める計画や準備段階を指す場合が多いです。例えば、「2年後に起業する計画を立てている」というように、まだ事業を始めていないが、その準備や計画を進めている状態を表します。一方、開業は既に事業を始めた状態を指します。

【起業するには?】起業の現実や業務イベントを図解で解説!

1人で開業できるおすすめの業種5選

ここからは、開業におすすめの業種について解説します。

1人で開業できる業種には、多岐にわたる選択肢があります。メリット・デメリットについて紹介します。

ネットショップの運営

ネットショップは、Webサイト上でECサイトを開き、商品を売る業種です。売れる商品を選ぶこと顧客が使いやすいサイトデザインを構築することが求められます。ネットショップ運営は時間と労力を要しますが、軌道に乗れば1日5時間程度の作業で運営が可能になります。

■メリット

  1. 実店舗を構えることなく開業できる
  2. SNSやSEOを活用すればマーケティングコストを抑えることができる。

■デメリット

  1. 在庫リスクがある
  2. 広告宣伝にお金がかかる

代行業

代行業は、企業や個人の代わりに特定の業務を行う業種で、多岐にわたるサービスが提供されています。例えば、家事代行は掃除や料理などの日常生活をサポートし、営業代行は新規顧客の獲得や営業活動を支援します。家事代行の平均年収は約560万円とされ、営業代行ではアポイント獲得で1件あたり1万5,000円から2万円、固定報酬で月10万円から70万円が目安です。

■メリット

  1. 単発での仕事が可能で、副業としても始めやすい

■デメリット

  1. 高いスキルと信頼が求められ、依頼主のニーズに応えるためには労力が必要

コンサルティング業

コンサルティング業は、企業からビジネスに関する相談を受け、経営方針や戦略をアドバイスする専門職です。特別な資格は不要ですが、ビジネスや経営戦略に関する深い知識が求められます。平均月収は80~100万円と高収益が期待できますが、未経験者にとっては受注難易度が高い点がデメリットです。

■メリット

  1. 平均月収は80~100万円と高収益

■デメリット

  1. 未経験者には受注難易度が高い
  2. 案件数によって収入が変動するリスクがある

宅配サービス

宅配サービスは、オンラインで注文を受け取り、指定された場所に荷物を届ける業務です。必要なスキルとしては、配達エリアの知識やコミュニケーション能力が挙げられます。平均年収は約380万円ですが、配達数を増やすことで収益を向上させることが可能です。車両費用を抑える工夫も大切です。

■メリット

  1. 自分のペースで働いた分だけ報酬を得られる

■デメリット

  1. 労働時間が長い
  2. 傷病手当や労災保険がないため、事故や怪我には十分注意が必要

ハンドメイド

ハンドメイドビジネスは、アクセサリーやインテリア雑貨、洋服、人形など手作りのアイテムを販売する業種です。基本はネット上で販売するため、SNSやWebスキルや商品を魅力的に見せるための写真スキルなど、顧客のニーズを掴むマーケティングスキルが必要とされます。ハンドメイドの平均月収は約3万円です。10万円以上稼げる人はほとんどいないため、高い収益性は見込めないですが、ECサイトやハンドメイド販売のサービスを利用することで、初期費用を抑えつつ始められるため、開業のハードルは低いです。

■メリット

  1. 自分の好きを活かせる
  2. ECサイトや販売サイトを利用すれば、少額からビジネスができる

■デメリット

  1. マーケティングスキルが必要
  2. 平均月収が低い

低資金で1人で開業できるおすすめの業種7選

低資金で1人で開業できる業種には、オンラインビジネスやフリーランス業務が挙げられます。

アフィリエイト

アフィリエイトは、ブログやウェブサイトを通じて企業の商品やサービスを紹介し、成果に応じて報酬を得るビジネスモデルです。始めるにはパソコンとインターネット環境があれば十分で、特別な資格は不要です。ただし、継続的に収益を上げるためには、SEO知識やライティングスキル、記事を投稿し続ける継続力が求められます。多くのアフィリエイターは、月収1万円以下が半数以上を占めていますが、中には10万円以上稼ぐ人もいます。

成功への道は険しいですが、地道な努力が報われるビジネスです。

■メリット

  1. コストがかからない
  2. 自分のペースで働ける
  3. 平均労働時間は2~4時間程度で、副業としても適している

■デメリット

  1. 収益が安定するまでには時間がかかるため、短期的な利益を期待するのは難しい。

動画配信(YouTube)

動画配信業は、動画の再生数や登録者数に応じて広告収入を得るビジネスです。視聴者のニーズを的確に捉え、魅力的な動画を作成するためのブランディングスキルが求められます。平均月収は1~5万円程度ですが、人気が出れば月収100万円以上になることもあります。そのため、工夫次第で高い収益を期待できる業種です。

ただし、人気を得るまでには地道な努力が必要であり、難易度の高い仕事といえます。副業としては1日約4時間、本業としては1日約9時間の労働時間が一般的です。成功するのは一握りの人だけです。そのため、視聴者に支持されるためのスキルを磨くことが重要です。また、ネット上で誹謗中傷を受けるリスクもあるため、その点にも注意が必要です。

■メリット

  1. 工夫次第で高い収益を期待できる

■デメリット

  1. 人気を得るまでには地道な努力が必要であり、難易度が高い
  2. ネット上で誹謗中傷を受けるリスクがある

インストラクター

インストラクター業は、ダンスやヨガなどのスポーツ技術を指導する職業です。生徒とのコミュニケーション力や、的確なアドバイスを提供する能力が求められます。平均年収は200万円から1,000万円と幅があり、生徒の数が収益に直結します。

インストラクター業の収益は、生徒数に大きく依存します。そのため、技術と知識の習得に加え、生徒を集めるための努力が必要です。技術的な専門知識が求められるため、他の職種と比べて難易度が高いと言えます。労働時間は生徒数によりますが、1日約8時間が一般的です。

■メリット

  1. 自分のスタイルで技術指導ができる点

■デメリット

  1. 顧客を獲得するまでは収入が不安定になる可能性がある

講師業

講師業は、教育分野での専門知識を活かして生徒に指導を行う仕事です。たとえば、プログラミングスクールの講師や、パーソナルトレーナー家庭教師などが挙げられます。自宅を仕事場とすることで、固定費の削減ができる点がメリットです。小中学生を対象にした場合のオンライン家庭教師の平均月収は16万円から48万円、高校生を担当する場合は25万円から60万円とされています。

■メリット

  1. 場所に縛られずに働ける(オンライン家庭教師の場合)
  2. 自宅を仕事場とすることで、固定費の削減ができる

■デメリット

  1. 生徒とのコミュニケーション能力や忍耐力が求められる

ITエンジニア・プログラマー

ITエンジニアやプログラマーは、情報技術に関する幅広い知識とスキルを持つ専門職です。プログラミングやシステム開発の知識が求められる一方、トレンドを迅速にキャッチする能力も重要です。また、年収は400万円から1,000万円と幅広く、パソコンとインターネット環境があれば始めやすい職業です。しかし、受注する仕事が自分の請け負える内容に偏りがちになる傾向があり、IT関連の幅広いスキルアップが見込めない課題もあります。在宅での仕事が多いため、自律的な時間管理が求められます。1日の平均労働時間は6~8時間程度です。

■メリット

  1. 設備費用がかかりにくく、収益性が高い

■デメリット

  1. IT関連の幅広いスキルアップが見込めない可能性が高い

Webライター

Webライターは、インターネット上で文章を執筆する職業です。必要なスキルとしては、文章力、情報収集能力、SEO知識が挙げられます。特にSEOに関する知識は、検索エンジンで上位表示されるために重要です。Webライターとしての開業は比較的簡単で、パソコンとインターネット環境があれば始められます。初期投資も少なく、在宅で仕事ができるため、自由な働き方が可能です。収入は文字単価によって大きく変わります。例えば、文字単価1円で1時間に2,500文字書ければ、時給は2,500円になります。

■メリット

  1. パソコンとインターネット環境があれば始められる
  2. 在宅で仕事ができるため、自由な働き方が可能

■デメリット

  1. 参入障壁が非常に低いため、競合が多い。
  2. 大きく稼ぐためには、SEOライティングやコピーライティングの知識とスキルが必要になる

デザイナー

デザイナーとは、WebサイトやWebサービス、ロゴなどのデザインを作成する仕事のことです。クリエイティブな仕事を好む方に向いています。グラフィックデザイン、ウェブデザイン、UI/UXデザインなど、専門分野を決めることが大切です。

■メリット

  1. 場所や時間を問わず作業できるため、リスクを背負わず独立できる
  2. クラウドソーシングサイトなどで気軽に仕事を受注できる

■デメリット

  1. 実績が充実するまでは単価が低くなりやすい
  2. 競合も多いため、スキルが高くないと個人での受注が難しい

資格が必要な1人でで開業できる業種

一人で開業する仕事の中には、特定の資格が必要なものがいくつかあります。資格が必要な業種は、専門知識と技術が求められるため、信頼性が高く、顧客からの信頼も得やすいというメリットがあります。

税理士

税理士は税金と会計の専門家で、個人や企業の納税や会計のサポートを行います。税理士試験の合格率は約20.3%で、資格取得には2年以上の実務経験が必要です。税理士の平均年収は約680万円で、独占業務が多く、競争が少ないため、有利に事業を進められます。

弁護士

弁護士は法律の専門家で、特に難易度の高い職業ですが、その分収入も多いです。弁護士になるためには、法科大学院を修了し、司法試験に合格する必要があります。その後、司法修習として最低1年以上の実践経験を積み、修了試験に合格する必要があります。弁護士の業務は法律に関する相談や問題解決であり、独占業務が多いことから競争が少なくなっています。

司法書士

司法書士は財産と権利に関する法律の専門家で、登記に関する書類の作成や手続きの代理を行います。司法書士試験の合格率は約5%で、難易度は司法試験に次ぐ高さです。独占業務が多く、仕事がなくなるリスクが低いため、平均年収は約680万円と高水準です。

行政書士

行政書士は認可申請の手続きなどの行政手続きを専門に行う仕事です。行政書士の難易度は他の士業に比べて低いですが、ライバルが多いため、営業力や専門性が重要です。業務範囲が広く、自分の得意分野を活かすことができます。

社会保険労務士

社会保険労務士は労働・社会保険の専門家で、企業の人事労務や社会保険に関する書類の作成・提出代行を行います。試験の難易度は比較的低めで、平均年収は約480万円です。

中小企業診断士

中小企業診断士は経営に関する国家資格で、中小企業の経営課題に対応するための診断や助言を行います。試験の合格率は一次試験が約30%、二次試験が約18%です。資格を取得するためには、講習受講や実務経験が必要ですが、登録料がかからないことも魅力です。

開業にある程度の資金が必要な業種

開業する際、業種によってはかなりの資金が必要になります。例えば、飲食店や美容院の開業には平均で1,000万円程度の初期費用がかかります。これは店舗の賃貸料や内装費、設備費などが大きな割合を占めます。

フランチャイズ

フランチャイズは、親企業のブランド力や営業ノウハウを活用して開業できるビジネスモデルです。開業時にはロイヤリティを支払う必要がありますが、その分、広告やマーケティングのサポートが受けられるため、初めての起業でも成功しやすいと言われています。

コンビニや飲食業など、業種によって収益性は異なりますが、一般的には年収400~600万円が目安です。ただし、ロイヤリティの高低が収益に影響するため、契約内容をよく確認が必要です。また、フランチャイズの運営にはマニュアルがあり、それに従うことが求められます。

フランチャイズを使った起業はこちらで詳しく解説しています。

フランチャイズ起業とは?ゼロから起業との違いとフランチャイズで起業可能な業種を解説!

開業までにやること

開業までにやることは多岐にわたりますが、下記ではざっくりとした流れをご紹介します。

個人事業として始めるか、法人を設立するかを選ぶ

まずは「個人事業」「法人」など、事業の形態を決めましょう。

ビジネスプランを考える

次に誰にどのようなサービスを提供するのか?ビジネスプランを具体的に考えましょう。

事業計画書を作成する

ビジネスプランが固まったら、それに基づいて事業計画を作成します。目標を設定し、必要な資金を見積もるために市場調査を行います。

開業資金を集める


資金計画が整ったら、開業資金を集める方法を検討します。融資を受ける場合は、銀行や金融機関に事業計画書を提出し、資金調達の手続きを進めます。

許認可を取得する(必要に応じて)

・次に、開業に必要な許認可を取得します。例えば、飲食店の場合は保健所で営業許可を取得し、税務署で開業届を提出します。法人を設立する場合は、定款の作成や公証人役場での認証が必要です。社会保険や労働保険の加入手続きも忘れずに行います。特に従業員を雇用する場合は重要です。

店舗やオフィスの設備投資を進める

店舗やオフィスの準備を整えます。内装工事や設備の設置を計画し、必要なものを揃えます。

広告宣伝を行う

広告宣伝も計画的に行い、営業開始に向けた準備を進めます。

こちらの記事でも解説しています。

【図解で徹底解説!】フリーランスになるには?未経験から始めるための完全ガイド

開業に必要な資金はいくらか

開業資金は業種や事業モデルによって大きく異なります。一般的に、店舗を構える場合の開業資金の目安は約1,000万円です。この金額には、物件の賃貸料、内装工事費、設備投資、初期在庫の購入費用などが含まれます。また、開業前の広告宣伝費や運転資金も考慮する必要があります。

一方、フランチャイズ型やオンライン型の開業は、比較的低コストで始められるケースが多いです。フランチャイズ型の場合、加盟金やロイヤリティが必要ですが、500万円未満で開業できることもあります。オンライン型のビジネスでは、物理的な店舗が不要なため、さらに低コストで開業可能です。例えば、ECサイトの構築やデジタルマーケティングに重点を置くことで、初期費用を抑えることができます。

開業前に完了させるべき手続き

個人事業主やフリーランスとして開業する際には、いくつかの重要な手続きを事前に完了させることが求められます。

健康保険の変更

会社員から自営業に転向する際、健康保険の変更が必要です。会社員時代は企業が提供する健康保険に加入していましたが、退職後は国民健康保険に切り替える必要があります。退職日の翌日から14日以内に市区町村役場で手続きを行わなければなりません。

国民健康保険料は全額自己負担となり、前年度の所得に基づいて計算されます。所得が高い場合、保険料も高額になりますので注意が必要です。また前職の健康保険を「任意継続」する方法もありますが、これは最長2年間のみで、保険料は2倍になります。

国民年金への参加

会社員から個人事業主やフリーランスに転身する場合、厚生年金から国民年金への切り替えが必要になります。国民年金は20歳以上60歳未満の全ての人が加入義務を持ち、月額16,540円(令和2年度)の一律納付です。厚生年金と比較して納付額は少ないですが、将来の受給額も減少します。加入手続きは市区町村役場の年金担当窓口で行い、年金手帳が必要です。

税務関連の手続き

事業開始後1ヶ月以内に税務署に「開業届」を提出する必要があります。青色申告を希望する場合、「青色申告承認申請書」を提出することも忘れずに。これにより、65万円の控除が受けられます。

また従業員を雇用する場合は「給与支払事務所等の開設届出書」を提出し、源泉徴収義務を果たす準備を整えます。消費税の課税事業者になる場合、「消費税課税事業者選択届出書」も必要です。

開業する時に必要な手続き

開業する際に必要な手続きは多岐にわたります。

開業届の提出

開業届の提出は、個人事業主として事業を開始するための重要なステップです。まず、開業届は税務署に提出する必要があります。提出期限は、事業を始めた日から1か月以内です。提出する際には、事業の内容や所在地、屋号などを記入します。開業届の提出により、青色申告の承認申請も同時に行うことができます。青色申告を行うことで、税務上のメリットが多く、例えば65万円の特別控除が受けられます。また、開業届を提出することで、社会保険や労働保険の加入手続きもスムーズに進められます。提出方法は、税務署に直接持参するほか、郵送やオンラインでの提出も可能です。開業届の提出に際しては、必要な書類を事前に確認し、不備がないように注意しましょう。例えば、身分証明書や印鑑証明書が必要になる場合があります。正確な情報を記入し、スムーズに手続きを進めることで、事業のスタートを順調に切ることができます。

認可証の取得

事業を始める際には、業種に応じた認可証の取得が必須です。例えば、理容業や美容業、クリーニング業を行う場合、保健所からの確認が必要となります。飲食店業や食品製造業も同様に、保健所から営業許可を受ける必要があります。さらに、酒類の製造や販売を行う場合は税務署から免許を取得しなければなりません。製造を行う場合には酒類製造免許、小売を行う場合には一般酒類小売業免許、卸業を行う場合には酒類卸売業免許が必要です。また、許可を受けるためには、申請書類の準備や現地調査が行われることが多く、時間がかかることもあります。事業計画を立てる際には、これらの手続きを早めに済ませることが重要です。事前に必要な認可証を取得することで、スムーズな事業開始が可能となります。さらに、認可証の取得に伴う費用や手続きの詳細については、各自治体や関係機関のウェブサイトを参照すると良いでしょう。

開業前に推奨される申請

開業前に推奨される申請は資金調達です。

日本政策金融公庫の創業融資

日本政策金融公庫の創業融資は、政府出資の公的金融機関であるため、低金利で資金調達が可能です。無担保・無保証人でも融資を受けられる点が大きな魅力です。個人事業主は「国民生活事業」を通じて融資を受けることができます。具体的には、借入申込書と創業計画書を提出し、融資担当者との面談を経て審査が行われます。審査に通ると、融資が実行されます。

主な融資制度には「新規開業資金」「女性、若者/シニア起業家支援資金」「中小企業経営力強化資金」などがあります。融資上限額は新創業融資で3,000万円、東京都制度融資で3,500万円ですが、実際の借入額は信用力や事業計画によって異なります。一般的には1,000万円から1,500万円程度が目安とされています。

資金調達方法に関しての詳しい説明はこちらの記事で解説しています。

【資金調達とは?】代表的な3つの方法のメリット・デメリットから起業時におすすめの資金調達方法までわかりやすく解説!

補助金と助成金の活用

開業時に資金調達の一環として補助金や助成金を活用することは非常に有効です。これらの制度は、特定の出費や雇用を対象とし、事業を始める際の経済的な負担を軽減します。例えば、「小規模事業者持続化補助金」は全国の小規模事業者や個人事業主が対象で、対象経費の2/3(場合により3/4)以内の補助が受けられ、最大200万円が支給されます。

また、「ものづくり補助金」は中小企業や小規模事業者、個人事業主を対象に、対象経費の1/2~2/3以内で最大3,000万円(グローバル展開型)が支給されます。補助金や助成金を活用することで、初期投資を抑え、事業の安定したスタートを切ることが可能です。

【最新】2024年度版!採択率の高いおすすめの補助金一覧

法人として開業する際に必要な手続き

法人として開業する際には、まず定款を作成し、公証役場で認証を受ける必要があります。次に、資本金の払込を行い、登記申請書類を準備して法務局で会社設立登記を完了させます。株式会社の場合、法定費用として約25万円、合同会社なら約10万円以上が必要です。個人事業主として開業する場合とは異なり、法人設立にはこれらの費用が発生します。また、会社設立後は税務署や市区町村への届け出、社会保険や労働保険の手続きも必要です。これらの手続きを事前に把握し、スムーズに進めるための計画を立てることが重要です。さらに、法人設立後は会計処理や税務申告が必要となり、専門家の助けを借りることも検討すべきです。こうした準備を怠らずに行うことで、安定した経営基盤を築くことができます。

はじめてでも安心!会社設立の流れと全手順を図解で簡単解説!

開業準備で役立つアイテム

開業準備で役立つアイテムは下記です。

必要な印鑑の準備

開業する際には、用途に応じて3種類の印鑑を準備することが重要です。まず、実印は市区町村役場で印鑑登録された正式な印鑑であり、不動産契約や創業融資などの重要な契約書に使用されます。次に、銀行届出印は事業用の口座開設時に銀行に届け出るもので、実印を兼ねることも可能です。そして、角印は屋号が入った印鑑で、請求書や領収書への押印に便利です。

こちらの記事で詳しく解説しています。

法人印鑑を選ぶポイントと安くておすすめな印鑑通販サイトを5つご紹介【2024年】

名刺の作成

開業準備の一環として、名刺の作成は非常に重要です。名刺があれば、開業前から取引先や金融機関、不動産会社などに対して自身を正式に紹介することができます。また、開業前のセミナーやネットワーキングイベントに参加する際にも、名刺があるとその後の人脈作りに大いに役立ちます。名刺には、会社名、役職、連絡先、事業内容などの基本情報を明記し、デザインもシンプルかつプロフェッショナルに仕上げることが肝心です。さらに、名刺にはQRコードを追加することで、ウェブサイトやSNSへのアクセスを簡単に促すことができます。名刺作成には専門の印刷会社を利用するのも一つの方法ですが、最近ではオンラインで簡単にデザインし、注文できるサービスも多く存在します。

事業用のクレジットカードと銀行口座の開設

個人事業を始める際には、事業用のクレジットカードと銀行口座の開設が重要です。まず、クレジットカードについてですが、個人事業主になると審査が厳しくなるため、会社員のうちに取得しておくことが賢明です。事業用のクレジットカードは、経費管理がしやすく、キャッシュフローの改善にも役立ちます。

次に、事業用の銀行口座ですが、個人口座とは別に開設することで、事業とプライベートの資金を明確に分けることができます。金融機関によっては「屋号+本人名義」の口座を開設することが求められるため、事前に確認が必要です。また、事業用口座を持つことで、税務申告や会計処理がスムーズに進むメリットもあります。

法人口座のおすすめランキング7選|選び方を初心者向けに徹底解説!【2024年最新】

会計ソフト

会計ソフトを導入すると時間とコストの節約に繋がります。例えば、弥生会計やfreeeなどのソフトは、初心者にも使いやすく設計されています。クラウドベースの会計ソフトは、インターネットを通じてどこからでもアクセス可能で、複数のデバイスで同期が取れるため、リモートワークにも対応しています。また銀行口座やクレジットカードと連携する機能もあり、取引データを自動で取得してくれるため、手入力の手間が省けます。

会計ソフト人気ランキング3選 |初心者でも失敗しない選び方を解説【2024年】

まとめ

今は、開業に関する情報が簡単に手に入るようになっておりますので、費用や収益性、メリット、デメリットなどを考慮に入れた上で自分に合った業種を選びリスクを最小限に抑えることが大切です。

また、税務署への開業届の提出など、必要な手続きも忘れないようにしてください。ぜひ独立開業にチャレンジしてみましょう。